サテライトオフィスの活用法をご紹介します!

サテライトオフィスの大手企業事例

サテライトオフィスの大手企業事例 サテライトオフィスを導入している大手の企業としては、誰でも知っている家電メーカーが挙げられます。
すでに導入されていたテレワークをグローバル化に合わせてより展開させるのがきっかけで、時間と共に場所にも柔軟性を持たせることを目的に数十の拠点を設置しています。
そして月換算では万単位での利用実績があります。
また電子機器やITサービスを提供する大手企業は、働き方改革の一環でサテライトオフィスを導入しています。
本社を始めとする主要拠点に設置したサテライトオフィスを基準に、その他にも複数展開あります。
従来型のオフィスとテレワークができる従業員の自宅に次ぐ、第3のワークスペースとしてサテライトオフィスを置いています。

サテライトオフィスを活用することで時間を有効に使える

サテライトオフィスを活用することで時間を有効に使える サテライトオフィスを活用するメリットとしては、長い間電車に乗るような通勤を不要とできることにあります。
通勤自体を削減することによって、その分仕事を効率よく行えるようになることがメリットといえるでしょう。
実際に地方に住んでいる優秀な人材が、通勤の関係からやむなく退職をしてしまい、空いた穴を埋めるのに苦労する企業は少なくありません。
そのため、地方にサテライトサイトを用意することにより、本社などに通勤しなくても業務を効率よくこなしてもらえるようにすることで、人件費を抑えられるだけでなく、優秀な人材を退職させてしまうようなことを避けることが可能です。
特に育児や介護などやむを得ない事情によって退職せざるを得ない人材を引き留める手段としても効率よく活用することが可能です。
より効率よく働けるような環境を整えることによって、業務を効率化し、短時間勤務に移行させることで介護や育児面で余裕のある暮らしを社員にさせることもできます。
短時間で通常の勤務と同様の仕事をこなしてもらえるようにすることで、人件費の削減につながるためトータルで考えると経費節減につながるでしょう。
専用型、共用型とサテライトオフィスは存在していますが、どちらを選ぶのかによって経費が異なるため、あらかじめ確認してから利用してください。

需要が増す郊外型のサテライトオフィスの活用

テレワーク環境が整ってきた事で、郊外型のサテライトオフィスの需要が増えています。このタイプのサテライトオフィスは、都市部にある会社に出社せずに業務を行える環境を整えられます。
サテライトオフィスを導入する事で、通勤距離がある従業員がスムーズに業務に取り掛かる事が出来るようになり、仕事の効率化を図れます。
また、流行病などで出来るだけ会社への通勤を減らしたい時に、近年ではカフェやコワーキングスペースなどの活用が広がっていますが、業務で取り扱うデータの流出のリスクが考えられます。それを防ぐ目的でもサテライトオフィスは役立ちます。
働き方の改善や新しい働き方の模索を行う上で、積極的に新しいサービスを利用する事で、企業はどのような状況でも業務を継続していく事が可能です。
インターネット環境の発達で、自宅から近い場所で仕事が行えるようになり、通勤時間の無駄を省く事ができ、従業員にとっても働き易い環境を整えられます。

災害時や感染症拡大時には対策にもなるサテライトオフィス

日本でも急速に働き方が変化してきています。これまで都心部の本社オフィスへ電車通勤し、通っていた通勤スタイルから通勤そのものがなくなり、在宅ワークやオフィスにこだわらずカフェなどのオープンスペースでも仕事ができる時代になってきました。
企業にとってもサテライトオフィスを導入することは災害時や、感染症流行を抑制する対策になります。もし万が一本社機能が災害などで機能ストップしてしまった場合でも、サテライトオフィスが機能していれば会社として事業を一時中断させずに継続できる可能性が高まります。
また、従業員にとっても自宅から近いサテライトオフィスで勤務することができれば、通勤時間も短縮され、通勤電車のストレスからも解放されます。
感染症が流行している際には、1か所に従業員を集約することは感染拡大のリスクになりますが、サテライトオフィスと本社を分けることで、感染症防止と、万が一どちらかで感染拡大が発生してももう一つの機能は止めることなく営業活動を継続できます。

今注目を集めているサテライトオフィスについて

新型コロナ感染の影響を受け、サテライトオフィスの普及が広がっています。感染拡大という理由のほかにも、働き方改革やコスト削減などのメリットもあることから、多くの企業が注目しサテライトオフィスの設置件数は増加傾向にあります。
サテライトオフィスとは、会社の従来の事務所とは異なる場所に設置されたオフィスのことを言いますが、その目的が基本的に従業員の働く環境の確保として導入されているものが一般的です。
オンラインで多くの業務が実施可能となってきたことから、従業員の働く環境は可能性が広がっており、それに柔軟に対応することによって、より優秀な人材を確保するということも大きな理由になっています。
また、交通費が削減できたり、郊外であれば安価にオフィスを借りることが可能であることから、コスト削減効果も期待されています。
新型コロナの感染拡大がいる収束するかわからない状況において、テレワーク、リモートワークなどと同様に柔軟な勤務環境の構築は企業にとってとても重要な課題です。

働き方改革としてのサテライトオフィスの設置

サテライトオフィスとは、企業や団体の本社や本拠から離れた場所に設置されたオフィスのことを言います。新型コロナ感染拡大対策としてのきっかけは大きかったものの、本来は従業員に対し働きやすい環境を提供するという、働き方改革の一環という位置づけのものです。
従って、小規模なオフィスを散在させて、従業員それぞれが働きやすいところで勤務できる環境を構築しているものです。
ただ、やはり普及が広まった大きなきっかけは新型コロナ感染拡大対策としてオンラインによる会議などが広く実施されるようになったことにあることは否定できません。
多くの企業がサテライトオフィスの構築を進めるなど、働き方改革に力を入れている大きな理由は優秀な人材の確保です。
よりよい環境を提供する企業には優秀な人材が集まりますし、子育てなどで多忙となり通常の勤務が困難となった時期においても、柔軟な勤務の態様を提供することによって、優秀な人材をとどめておくことができます。

サテライトオフィスを利用すると生産性の向上に繋がる

業務の効率を上げるために何かできることはないかと考えている経営者の方々は、サテライトオフィスを構えるメリットについて調べることを推奨します。
従業員の効率が落ちてしまうのは移動時間の長さが原因になっていることが多く、本社や支社だけでなく小規模のオフィスを用意しるだけで、従業員が効率的に働けるようになったという例も少なくありません。
本社や支社のオフィスから離れたところで暮らしている従業員は、毎日の通勤に1時間以上もかけている可能性があります。
サテライトオフィスをいくつか用意することによって、通勤に時間をかけていた従業員も働き方を改善できます。大手企業も小型のオフィスを自前で用意することが増えており、従業員の意思で働く拠点を決めてもらう企業も珍しくありません。
必要最低限の設備を用意するだけで新しい働き方を提案できるのも、サテライトオフィスが大手企業から注目されている理由で、育児や介護などで時間的な余裕がなくて困っている従業員の生産性も向上できます。

サテライトオフィス時代のセキュリティ対策

近年は勤務先を分散するなどの目的で、サテライトオフィスを設置する企業が増えているといえるのではないでしょうか。
サテライトオフィスは従業員に勤務先の選択肢を与えたり、災害発生時の事業継続可能性が高められるといったメリットがあります。
ただ拠点が増える分だけセキュリティ対策も必要になりますし、サテライトオフィスだからといって手を抜くことはできないです。
当然ながら事業に関する情報が集まったり保管されることもありますし、中には社外秘の書類なども含まれるはずです。
誰かが侵入して持ち出すようなことがあれば、個人情報を含めた情報流出に?がるので、不審者の侵入を許さないセキュリティ対策が不可欠です。
基本的にはやはり入室のチェックをしっかりと行うこと、鍵を預かる人は忘れずに鍵を掛けてから退社することが求められます。
また防犯カメラを設置して遠隔で映像を監視したり、警備保障会社と契約して定期的に見回ってもらうなども、防犯対策として効果に期待できるのではないでしょうか。

サテライトオフィスの理想的なIT環境とは

多くの企業では業務の効率化を図るためにサテライトオフィスを開設することが多く、出張などで社に戻る時間のない社員が効率的に業務を行えるようその環境を整えることが多くなっています。
従来は単なる作業場や打ち合わせ場所と言う機能が主流となっていましたが、近年では社内のIT環境を効率的に利用することができる場所となっており、効果的に社内のリソースを利用し、業務を行うことができるものとなっている場合が少なくありません。
そのためサテライトオフィスに要求されるIT環境は、社内のネットワークにアクセスすることができるネットワーク環境と、セキュリティを確保したインターネット接続などが必要不可欠となっています。
サテライトオフィスの中で自分の席にいるようなネットワークの利用をすることができることが理想であり、そのための様々なインフラが整備されていなければなりません。
またその他にもプリンター等が設置されている場合もあり、安全に様々な文書を印刷することができるものとなっているのが特徴です。

レンタルサテライトオフィスはシェアの高いところを選ぶのが良い

レンタルサテライトオフィスは近年では様々な会社がこれを提供しており、そのためにどこを選べば良いかわからないと言うことも少なくありません。
それぞれによりサービス内容が異なり、またオプション等のメニューも異なることから、自分のオフィスにどれが最適なのかを見極めることが難しいのが実態です。
レンタルサテライトオフィスを選ぶ際には、シェアの高いところを選ぶのも1つの方法となります。
これの高いところは多くの企業をなどがその品質やサービス内容を評価し、利用価値が高いと判断しているものであるため、様々な面でメリットが大きいと感じることが多いものです。
料金面だけでなくサービス内容等のバランスを十分に確保していることが大切であり、その内容には普段あまり意識しないものがあることも少なくありません。
サテライトオフィスには様々な要因が求められることから、実際に利用してみなければわからないといった部分もあります。
しかしいちど契約してしまうとなかなかこれを解除することは難しいことから、シェアの高いところを選ぶ事は1つの良い方法となっています。

サテライトオフィスを個人で利用することができるか

サテライトオフィスは企業が利用するものと言うイメージを持つ人が多く、そのために個人事業主などが様々な活動を行う上で使う事はできないと考えている人も少なくありません。
しかし実際には個人の場合ほど自分の自宅等の拠点以外で作業を行わなければならないことが多く、サテライトオフィスを利用することができればその作業効率が非常に高まると考えられることも多いものです。
サテライトオフィスは一般的には賃貸オフィスを契約して確保し、これに必要最低限の設備などを自分で購入して設置するものと言うイメージを持つことも少なくありません。
近年ではレンタルで利用することができるものや、必要な時だけスポットで借りることができるものがあるなど、そのスタイルは大きく変化しています。
近年では様々な喫茶店などでもインターネット環境を整備しているところも多いため、このようなところを利用すると言うことも多かったのですが、周囲に人がいるとなかなか効率的に作業を進めることができない場合もあります。
そのような場合でも、サテライトオフィスは効果的なものとなっています。

サテライトオフィスにネットカフェを利用するメリットとデメリット

サテライトオフィスは企業活動を行う上で様々な作業を効率的に実施できるスペースであり、近年では多くの企業がこれを設けることが多くなっています。
必要に応じてネットワークを接続し社内の情報を入手したり、また様々な情報を本社に送信するなどといった設備を備えることで、様々な活動を効率的に行うことができるのがポイントです。
知念ではインターネットを利用した効果的な情報共有が数多くの企業で行われていることから、その環境を持っているネットカフェをサテライトオフィス代わりに利用することで、業務効率化とコスト削減を図ろうと考えることも少なくありません。
しかし、サテライトオフィスに必要な機能を備えていると思われていても、実際には様々な問題も十分に懸念されるのでこれを意識することが大切です。
特に企業の情報は様々な機密情報や個人情報を含んでおり、これを不特定多数が出入りするネットカフェでやり取りする事は、大きなリスクを伴います。
十分なセキュリティ対策を考慮することが、重要なポイントです。

サテライトオフィスを会議室に利用することができるか

サテライトオフィスは一般的にはオフィスと言うイメージがあり、そのスペースは決して広いものではありません。
特にレンタルの場合には1人が作業を行う場所しか確保されていないことも多く、ここで会議を行う事は非常に難しいものとなっているのが一般的です。
しかし、サテライトオフィスと同じようなスペースで会議を行うことができるものに、レンタル会議室があります。
ここでは様々な環境が整っているほか、ネットワークを利用したり様々な設備が整っていることも多いので、用途に応じて使い分けるのが良い方法となっています。
サテライトオフィスは自らの企業の拠点から離れた場所で作業を行いたい場合に、便利に利用できるものです。
ただし多くの人が集まって打ち合わせなどを行いたい場合には、ここではそのスペースが狭すぎると言うことも少なくありません。
近年では様々なオフィスのレンタルサービスが行われているので、これらを目的に合わせて柔軟に使いこなすことが良い方法であり、サテライトオフィスの名称にこだわらないことがポイントです。

レンタルサテライトオフィスはドリンク飲み放題の所を選ぶのが良い

サテライトオフィスは、企業にとっては効率的に様々な活動を行うために非常に便利なものとなっており、近年ではこれをレンタルで提供するところも少なくありません。
自分自身でオフィスを借りるよりも効率的であり、かつほとんどの場合は様々な必要な設備が整っているため、気軽に利用出来るのもメリットです。
しかしほとんどの場合に見落としがちなのは様々なサービスであり、オフィスは単純に事務作業をする場所であるためその他のものは自分自身で持ち込むのが基本だと考えられていることが多いものです。
特にドリンクなどは作業をしていると頻繁に利用することが多いのですが、その都度自分で購入していたのでは効率が悪く、作業がはかどらないといったことも少なくありません。
最近のレンタルサテライトオフィスでは、ドリンク飲み放題と言うところも増えています。
この場合には気兼ねせずに自由に利用することができるほか、来客があった場合にも非常に便利に利用することが可能です。

おすすめのサテライトオフィス情報サイト

サテライトオフィス 神戸

新着情報

◎2023/8/24

情報を更新しました。
>レンタルサテライトオフィスはシェアの高いところを選ぶのが良い
>サテライトオフィスを個人で利用することができるか
>サテライトオフィスにネットカフェを利用するメリットとデメリット
>サテライトオフィスを会議室に利用することができるか
>レンタルサテライトオフィスはドリンク飲み放題の所を選ぶのが良い

◎2022/10/21

情報を更新しました。
>今注目を集めているサテライトオフィスについて
>働き方改革としてのサテライトオフィスの設置
>サテライトオフィスを利用すると生産性の向上に繋がる
>サテライトオフィス時代のセキュリティ対策
>サテライトオフィスの理想的なIT環境とは

◎2021/2/12

お得な情報について
の情報を更新しました。

◎2020/12/8

利用するメリットと特徴
の情報を更新しました。

◎2020/10/13

設置するのに必要なこと
の情報を更新しました。

◎2020/8/7

サテライトオフィスの活用術
の情報を更新しました。

◎2020/05/29

サイト公開しました

「オフィス 企業」
に関連するツイート
Twitter

返信先:日本にオフィスがあるけど、実態は海外企業と見た方がよいのでは

返信先:他1連合組合員の方々はとっくに気がついていると思いますが、たとえ大企業社員であっても資本家、経営陣にとって50歳以上の役職競争脱落者は無用の存在で首都圏オフィスのスペースさえ無駄。オフィスビル競争は資金回転率を高める為で労働環境向上の為じゃない。連合はすでに資本家迎合組織です。

>民間企業の資金で再開発をすることにした。明治神宮は、三井不動産や伊藤忠商事、日本スポーツ振興センターが、老朽化したスポーツ施設のドーム型スタジアムへの建て替え、オフィスビルやホテルとして利用する高層ビル3棟の建設、災害に備えた拠点を兼ねる公園整備などを計画している。

採用をバックオフィスに括らないで。基本的に採用はマーケティングと営業です。更に経理や労務と兼務し始めた日にはよほど企業ブランドが確立してない限り採用難企業に一直線。 万が一、企業ブランドもなく兼務で採用できてるなら採用担当の方は非常に優秀である。その人を絶対に手放してはいけない。

採用をバックオフィスに括らないで。基本的に採用はマーケティングと営業です。更に経理や労務と兼務し始めた日にはよほど企業ブランドが確立してない限り採用難企業に一直線。 万が一、企業ブランドもなく兼務で採用できてるなら採用担当の事は非常に優秀である。その人は絶対に手放してはいけない。